« ブリーフコーチング入門 | トップページ | よく見てもらうために照明を暗くする »

内部監査はまさにコーチング!

 マネジメントシステムにおいては、システムとは独立した立場での内部監査のプロセスがあります。
 私の偏見ですが、内部監査にはどうしても相互の馴れ合いがあり、また、ともすれば攻撃しあう印象があり、積極的には参加していませんでした。

 この数ヶ月、とあるマネジメントシステムの構築にそれなりの立場で参加させていただいていますが、面白いですね。仕組みもプロセスも合意しながら進めていける方法です。

 コーチングのみで考えていたときには、どちらかといえば、システムまでは構築できていませんでしたので、コーチング以外の方法や力が必要だと感じていました。そして、ある程度のレベルまで意識が高い方には機能するとも考えていました。
 しかしながら、今回のマネジメントシステムの構築を、しかも全社一律に適用するという条件のもとで進めさせていただきましたが、意外と言うと失礼ですが、なんとなく、全社的に動いている印象を受けています。

 コミュニケーションが先か、システムが先かはニワトリと卵のような感じでもありますが、システムをあわせて整備できるような状態やあるいは政治力も持ちながらだと、より一層の推進が出来るような感触です。

 今回はちょっと大きな規模での話を曖昧に書いていて恐縮です。企業内の情報はデリケートなので、ご容赦を。
 ここで書いていることのキーワードとして「合意(納得)」と「明確なシステム」と「コミュニケーション」が挙げられます。これらがいい形でリンクしている状態と感じています。

 タイトルでは「内部監査はまさにコーチング!」と書きました。もちろんそれなりの教育と努力が必要ですが、要求される事柄を明確に共有しながら、実施者に対して監査員が質問して、是正を要請したり、提案したり出来ます。そして、結果を出す(行動する)のはやはり対象となる実施者です。スキルの上達については、コーチングの勉強をしているほうがやはり有利です。

 質問を通して、相手の中にある答えを探し出しながら、その後の行動に結び付けていくこと、まさにコーチングです。

 さながら、課題はよりよい人間関係がベースですかね????

|

« ブリーフコーチング入門 | トップページ | よく見てもらうために照明を暗くする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137920/16968848

この記事へのトラックバック一覧です: 内部監査はまさにコーチング!:

« ブリーフコーチング入門 | トップページ | よく見てもらうために照明を暗くする »