« タイムマネジメントと優先順位 | トップページ | 紀伊国屋 vs ジュンク堂 »

分岐点に立つ

 私も転職の経験がありますので、今日お会いした方の気持ちはなんとなく分ります。
 元々の分野は建設業なのですが、社会的な、あるいは所属する企業の状態などを考えると、このまま続けていくのは考えにくく、また、30代前半くらいまでに決めなおさないと、後悔するかもしれないと行ってました。
 私も転職を含めていろいろな業種をやらせてもらってきましたので、よくわかります。

 ただ、心配なのは、30歳の頃に節目があるというだけではなく、今後も同じような分岐点がある可能性は高いと思います。
 私自身は携わった職種の間をうろうろとしているので、大変ながらも2足の草鞋、3足の草鞋状態の中で逡巡していることもありまして、どの立場でどうしたら良いのか、総合職的な悩みを抱えることもしばしばです。

 この年代を過ぎると、リードしてもらう立場からリードする立場へとも変わりますので、心の支えが減ってくるのも実感します。

 前進する分だけ壁にはあたります。
 自分で決めること、そして自分で決めていることを認識することと向かい合うことは大切ですね。

|

« タイムマネジメントと優先順位 | トップページ | 紀伊国屋 vs ジュンク堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137920/16088696

この記事へのトラックバック一覧です: 分岐点に立つ:

« タイムマネジメントと優先順位 | トップページ | 紀伊国屋 vs ジュンク堂 »