« やる気になってきました! | トップページ | ライフデザイン »

KEENという単語

 KEENという単語。ふと思い出しました。

 高校の学園祭。隣のクラスがシンボリックなキーワードとして使っていたように思います。
 「熱心な」という意味であり、「鋭敏な」というような意味もあり。

 よく企業内での共通言語化の重要性が言われます。
 このブログでも書いた記憶がありますが、プラスのマジカルワードの存在は非常に大きいのは事実。

 合同の授業の中で、とある女の子が英語の時間でのゲームで"It's KEEN!"と話したとき、すごく盛り上がった!(隣のクラスのメンバーだけ)

 K社では、方法として一つの漢字として表しているとのこと。
 共通言語化とちょっと違うかもしれないけど、単語や漢字一つに大きな意味を込めるのは、作る側も受け取る側もすごくエネルギーのいること。

 良いエネルギーを発する言葉に集約すること。大事なことなんですね。

|

« やる気になってきました! | トップページ | ライフデザイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137920/7739524

この記事へのトラックバック一覧です: KEENという単語:

« やる気になってきました! | トップページ | ライフデザイン »