« 人間関係とコーチング | トップページ | あきらめない! »

解決志向でアプローチ

 「解決志向アプローチ」ではなく、「解決志向」を主題でやってみよう!というアプローチをメンバーにしてみました。
 どんな反応になるのか、正直言ってあまり期待できないかもしれないと思いながら、話してみたら、何のことはない、上々の反応。
 ほかで同じような内容のことを聞いて良かったからと、そのときの資料を持ってきて話してくれたり、もっと力強い内容を組み立てよう!とアピールしてくれたり、私がつくっていったプレゼン資料がくどいからもっとシンプルにしろ!だの、まぁ、ありがたいことに、いろいろと言ってくれまして、プロセス全体が見える(共有できる)形のミーティングでした。
 いつもは愚痴を言い合ってスッキリするサークルだったと思うのですが、なぜか、今日は建設的でした。
 事前にプレゼン資料を回覧したのが良かったのかな?タイトルは「くれない族からの卒業」。ストローク不足による人間関係や組織の状態悪化からの脱皮と解決志向を組み合わせて、思考力・実行力・コミュニケーション能力を高めようという内容。
 次回は来週。それぞれのメンバーに出した宿題(解決目標の設定と実行プロセス)を持ち寄ってのミーティング。
 楽しみです。

|

« 人間関係とコーチング | トップページ | あきらめない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137920/6572142

この記事へのトラックバック一覧です: 解決志向でアプローチ:

« 人間関係とコーチング | トップページ | あきらめない! »