« ウワサのコワサ | トップページ | チャンス到来! »

あの人と仕事がしたい!

あの人と仕事がしたい!

 嬉しい一言です。言ってもらえました。クライアントから。
 クライアントと言っても、コーチングのクライアントではなく、お仕事のです。

 私の場合、ホームページを作る際に、かなりのヒアリングをします。
 どういったホームページでどんな情報を出していくのか?徹底的に聞くのですが、あくまでホームページは手段で、情報発信を通じてどんなことをしていきたいのか?
 こういったことを聞いていきます。実際に相手はお客様ですが、どちらかといえば、事業パートナー同士の合意形成プロセスを踏んでいるようなイメージです。
 こういったことが、今回のお言葉をいただけるのにつながったのかな?なんて考えています。(私は制作のみの契約が基本なので、ほとんどのクライアントは別の業者さんと維持・管理・更新契約を結んでもらっています。上のようなプロセスを踏む目的は顧客との関係継続が目的ではなく、協力して表現していくためです。)
 コーチングで学んだことのスキルは、こういった合意形成の場面でも相当役に立っています。(役に立つと言うより、セッションそのものと感じています。)

 コンテンツはもちろん、デザインや機能、FLASHなどのリッチコンテンツや写真撮影までが得意(もちろん下手の横好きレベル)なので、おおよその内容を一人でできるというのも私の強みです。一つもお持ち帰りせずにその場で回答して形にしていったことも良かったのかもしれません。

 本来であれば、クライアントから直接にフィードバックをもらいたいところですが、ちょっと別の絡みでお会いしないことにしたのでできていません。新しいビジネスモデルの構築と詳細部の明確化が懸案となっていて、これがご提案いただけたら先に進めましょう、という約束があったものですから。(この話は、コーチングが必要となる新しい客層に関連することなので、ちょっと楽しみ)

 今回の仕事は、解決志向アプローチに近いもので、原因やプロセスに関する打合せがほとんどないという、自分でも珍しいスタイルで進めました。
 クライアントによりきりですが、相手が心に熱いものを持っていてくれたのが、一番の理由かもしれないですね。

|

« ウワサのコワサ | トップページ | チャンス到来! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137920/6506409

この記事へのトラックバック一覧です: あの人と仕事がしたい!:

« ウワサのコワサ | トップページ | チャンス到来! »