« 何を伝えたかではなく、如何にして伝えたかが重要である | トップページ | ああ、いいよ。ちょっとぐらいの時間はいつだってあるさ »

とある上司の言葉

「もっと大事なことがあるだろ!」

 私が言われたわけではないですが、隣の席の社員が上司から言われた言葉です。

 ありふれたフレーズかもしれません。

 この社員は、書類を客先に提出して、そのあと・・・・・・といった段取りを上司に説明していたときに、その言葉は出ました。
 部下が仕事が嫌になって、辞めたいと思っているときに、その現場に行って接するという行動が入っていなかったのです。
 仕事としてはこの社員は完璧だったと思います。でも、本当に大切なことは、別にありました。
 成果とはなんだろうか?優先順位とは?悩んでしまいます。
 シンプルに考えれば当然のことなのかもしれません。でも、実際は。
 失敗しながら学んでいくのですね。

 今回は私が失敗したわけではないのですが、この社員にアシストできなかったのは反省して今後活かさなければなりません。

|

« 何を伝えたかではなく、如何にして伝えたかが重要である | トップページ | ああ、いいよ。ちょっとぐらいの時間はいつだってあるさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137920/5933358

この記事へのトラックバック一覧です: とある上司の言葉:

« 何を伝えたかではなく、如何にして伝えたかが重要である | トップページ | ああ、いいよ。ちょっとぐらいの時間はいつだってあるさ »