« 言われたお礼に喜びを伝える | トップページ | ○○のくせに »

「具体的」とはなんぞや?

 目標を設定したり、いろいろな評価をするときに、「具体的には?」という言葉で質問する/伺うことがあります。
 言葉を使う割には、どういう意味なのか、考えていなかったことに気づきました。

 調べるのは大好きなので、調べてみました。(参照先:Yahoo!辞書・大辞泉)

具体:物事が、直接に知覚され認識されうる形や内容を備えていること。
 具:ある目的を果たすために利用する手段。道具。「政争の―にする」
 体:物事の本質をなすもの。「名は―を表す」

 もちろんほかの意味もありますが、関連する意味ということで。

 「直接に知覚」というところが大切そうですね。だから、リアルな数字や言葉で表現することが重要。ちょっと失礼な言い方かもしれないけど、人それぞれに実感するレベルが違うので、注意が必要ですね。
 人それぞれに合わせて目標などを具体化するということではなく、それぞれに理解を深めてもらえるようにアシストすることが大事。
 たぶん、昨日の会議で感じた閉塞感はこのあたりの影響がありそうです。

 ミドルアップ・ボトムアップで進めるときの合意形成のポイントかもしれません。
 実践&実感してみます。

|

« 言われたお礼に喜びを伝える | トップページ | ○○のくせに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137920/6183468

この記事へのトラックバック一覧です: 「具体的」とはなんぞや?:

« 言われたお礼に喜びを伝える | トップページ | ○○のくせに »