« 説明しても理解しない奴はしないんだよ! | トップページ | 議論の場づくり »

怒らないでいてみる、という選択

 ちょっと複雑なタイトル。
 今日も「○○がないんですけど~」という電話。データベースを一つ消してしまったらしい話で、一瞬キレかけました。
 「知らん!勝手にしろ!」と言いたいところですが、やはり大人気ないので、忙しかったのですが、調べてみることに。
 実際にデータベースは消えてしまっていたのですが、復旧そのものは簡単なので、一応、事なきを得たような結果に。
 特に注意やコメントもしませんでしたが、終わってみれば、何のことはないですね。

 私の仕事には、自分で言うのもなんですが、けっこう集中力が要ります。
 仕事を中断される電話は大嫌いなのですが、「怒らないでいてみる」ことを選んだ結果、その後の集中力も持続して、問題はなかったですね。

 今回は、優先順位の問題がありました。
 というのは、壊れたデータベースというのはサーバーにあるメールボックスで、それも電子商取引関係の窓口アドレスになっています。
 となれば、復旧は最優先でなければなりません。(対応できるのが私だけという体制にも問題はありますが)

 サーバーの中を先にのぞいてみて、状況を確認。(行動が先)そのあとは、なんとなく怒る気もしなくなったので、普通に会話。誰かが6秒経てば感情は変わる、という話をしていたような気がしていますが、その通りかもしれません。
 おかげでムシャクシャせずに元の業務に戻れました。
 これもコーチングの勉強のおかげです。「反応を選択する」。難しいようですが、行動を選べば、感情は後からついて来るんですね。

|

« 説明しても理解しない奴はしないんだよ! | トップページ | 議論の場づくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137920/6172013

この記事へのトラックバック一覧です: 怒らないでいてみる、という選択:

« 説明しても理解しない奴はしないんだよ! | トップページ | 議論の場づくり »