トップページ | 何を伝えたかではなく、如何にして伝えたかが重要である »

過去と他人は変えることはできない

 気づいたときに書いておかないと、風化してしまうのが言葉。
 次のフレーズは、紹介していただいた交流分析の先生・小林雅美様より教えてもらった言葉です。

「過去と他人は変えることはできない。変えることができるのは、“今ここ”での自分である」

 当たり前のことのようでいて、「過去と他人を変えること」ばかりを思索することが何と多いことか!と思ってしまいます。
 このフレーズと同じと言うわけではないのですが、「将来は今」という言葉も教えていただいたことがあります。これって、書きながらブログを検索してみたら、京都・大仙院の尾関宗園住職の言葉の一部でもあるんですね。中学校の修学旅行でお言葉を聞いていたはずなんで、本当は15歳にして知っていたはずなんですが、ダメですね。
 でも、この言葉にちょっと脈絡が付いたのは嬉しいです。

 他にも忘れてしまった言葉やモノが一杯あるんでしょうね。
 こうして気づくときがあることを願って。

|

トップページ | 何を伝えたかではなく、如何にして伝えたかが重要である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137920/5931299

この記事へのトラックバック一覧です: 過去と他人は変えることはできない:

トップページ | 何を伝えたかではなく、如何にして伝えたかが重要である »